たっぷりの濃厚なエキスが出るあさりを使った料理5つ

 春はあけぼの、ではなく、あさりがおいしい季節です。
 あさりは濃厚なダシが出るので、料理の素人でも、独り暮らしの中年男性でもとても美味しい料理が作れるもの。
 そして、白ワインや日本酒など、あっさり目のお酒と合わせて、まさに春眠暁を覚えず?な連休を過ごすのも、またいとをかし。


 というわけで、中年独り者がこの春に作って美味しかったあさり料理を紹介しましょう。

ボンゴレビアンコ

 こちらのレシピ。超定番です。タイミングが結構重要で、あさりに火が通りすぎても味気なく、生っぽいのは困る。そういう時に先ほどのレシピの表現はなかなか使えます。そして、上手にできたときのソースの美味しさときたら…!

もう少し前の時期なら菜の花、この時期ならズッキーニあたりと合わせても美味です。基本かつ定番かつ王道。しかも簡単。お勧めです。

あさりのパエリア

作り方はこちら

割と簡単なのに、友達を呼んで飲むには良いレシピです。ヤリイカとか入れなくても十分美味しいものができます。しかも雰囲気ゴージャス。みんなで取り分けてパーティー気分。白ワインやスパークリングワインを何本か用意していてもすぐに蒸発必定のとても便利なメニューです。


クラムチャウダー

作り方はこちら

もう気温的には、体が温まるこんなスープが嬉しい季節は過ぎましたが、飲みすぎた翌朝にこんなほっこりするものが出てくるととてもうれしいもの。そして、さらに朝から白ワインが進む…! うむ、体に悪いですね。白ワインを飲まず、よく焼いたフランスパンなんかと一緒に、深酒した朝の10時くらいに飲むと心から幸せになります。嗚呼、こんなぬくもりある家庭生活を欲しかった…! というのは独身独り者の嘆きとしては出来が良くないですね。でも、心温まる逸品です。


アクアパッツア

作り方は簡単なものから手間かかるものまでいくつもありますが、代表的にはこんな感じ? 材料がちょっと凝ってますが、スパイスとかオリーブとかはいくつかなくても、まあまあ美味しいものはできます。これもパエリアと同じくパーティーメニューですね。友達を呼んで、これも白ワインやスパークリングワインをあっという間に蒸発させてくれます。あさりと魚から出たダシが混然一体となって、えも言われぬ旨味を味わえます。慣れれば味のコツはシンプルなので、まるでとても料理上手な雰囲気を醸し出せる、手抜きなれど色んな意味でのコストパフォーマンス良好な一品です。

あさりの味噌汁

作り方はこちら

なめんなよ…!という声が聞こえそうですが、あさりの味噌汁、うまいんだってば。晩御飯にも最強、朝の酔い覚ましにも最強。白いご飯と合わせると幸せ!を保障します。そして、あさりから良い出汁が出るので、昆布やら煮干しやらほとんど使わずに美味しいみそ汁ができる、あさり最強。



というわけで、春ならばあさり。この季節にしか楽しめない、旬の味覚をぜひ自分の腕で美味しい料理にして、また友達など呼んで楽しく過ごすには本当にお勧めの食材です。ちなみに私もこの春は学生時代の友人たちを自宅に呼んでパエリアを振る舞ったよ! みんなアベノミクスで株式で大儲けでうらやましいことでした。でも、味覚と酒の神様の前に人は常に平等なのだ!

リフレって言葉

 今日、とあるところの勉強会で、マクロ経済と日銀の動向について講師のお話を聞いたんですが、印象的だったのは、その講師が、「リフレ」って言葉をできるだけ避けて説明していることなんですね。

 話す相手が日本経済の保守本流みたいな人たちであったことを差し引いても、リフレって言葉は世の中に広がっていないんだなーということを感じた一幕でした。ではなぜそうなっているのでしょう? 「アベノミクス」は人口に膾炙しているのに…

もうかれこれ20年近く経ってます

なんか最近元気がないから、フォルダの中の懐メロを引っ張り出して聞いてたわけですよ。

広末涼子かわいー。

と、振り返ってみれば、そのころから約20年経っているわけですね。


道理で疲れるわけだ。もう40代のおっさんです。


MajiでKoiする5秒前

MajiでKoiする5秒前

性格検査を受けてみた

なんだかね、自分ではしっくりいかなかったんだけど、INTP型だったんですって。


リンク先のサイトを見たときは嘘つけ―と思ったんだけど、専門家のレジュメを見たらまるまま自分の性格表記そのものでびっくりしましたですよ。

私的救済と警察の本気度

 法治国家においては、自力救済というのは原則的に容認されないものです。そして、その前提は、法律がきちんと機能し、自力救済が必要ないように権力が強制力をもって合法的な範囲で救済を行えることにあります。ところが実際には、警察力や司法の限界などもあり、非合法な手段に訴える人が時折出てくる、とそういうわけです。


 何を言いたいかというと、最近話題のこの事件なんですけどね。

まんだらけ」で万引きの疑い 千葉県内の男を任意同行
8月19日 0時03分

東京・中野区の中古品販売店まんだらけ」が人気アニメのおもちゃを万引きした人物に対し防犯カメラに写った画像を公開すると警告し議論を呼んだ問題で、警視庁は、このおもちゃを万引きした疑いがあるとして、18日夜、千葉県内に住む男を任意同行しました。このあと取り調べ、容疑が固まり次第、逮捕する方針です。

今月4日、東京・中野区にある本やおもちゃの中古品の販売店まんだらけ」で、25万円で売られていた人気アニメ「鉄人28号」のブリキ製のおもちゃが万引きされました。
店は防犯カメラに写っていた、万引きしたとする人物の画像を顔の部分を分からないように加工してホームページなどに掲載し、「おもちゃを返さないと、顔の画像を公開する」と警告したため、この対応に賛否が分かれて議論を呼びました。
店は、その後、警視庁の要請を受けて画像の公開を取りやめ、被害届を受けた警視庁が防犯カメラの映像などを基に捜査を進めていました。
その結果、万引きされた物とみられるおもちゃが売却されていたことが分かり、千葉県内に住む男が万引きに関与した疑いが強まったということで、警視庁は18日夜、男を任意同行しました。このあと取り調べ、容疑が固まり次第、盗みの疑いで逮捕する方針です。

「まんだらけ」で万引きの疑い 40代男を任意同行 NHKニュース


顔の画像の公開が即違法かどうかということに関しては議論がありうるとは思いますが、違法になりうる行為であろうとは思われます。すなわち、この「まんだらけ」の対応については違法な自力救済になりうる行為です。ならば、法治国家における治安面の強制手段の主体である警察としては、それを取りやめるように要請することは当然なことです。


では、その代わりに警察としては何をしなくてはならないかというと、実効ある合法的な救済が存在することを示さなくてはならないということです。したがって、警察には、この犯人を何としてでも逮捕する必要があったわけです。


この記事の感想欄などには、騒ぎになると警察は本気を出すとかという話もありますが、それは理解が少し浅いように思われます。この件に関しては、たとえ窃盗という微罪であっても、警察は本気を出さなければならない理由があったのです。


ひょっとしたら、まんだらけが公開をしなかった経緯の中に、警察が「本件に関しては警察としては全力を尽くすのでビデオ公開は止めてほしい」とほのめかした可能性すらあると私は想像しますが、これは別に裏取引とかではなく、警察というものは本質的にそういうものだということだと私は考えます。


警察が、殺人などの重要犯罪になればなるほど本気になるのも、究極的にはこの理由です。侵害された法益の大きさもさることながら、侵害された法益が大きければ大きいほど、関係者に自力救済の動機が発生するので、警察としては全力でそれを抑止しなければならないという事情が、警察というものの存在意義として、その背景にはあると考えるとわかりやすいと思います。


警察の誕生 (集英社新書)

警察の誕生 (集英社新書)

日本陸軍がダメになった理由

勧める人がいたので、この書を読んだんですけどね。


この書の中では、旧陸軍軍人についていろいろ言及があり、この人は優秀だとかこの人はダメだとかみたいな話があるので、当時の陸軍幹部ってどんなんだろって思ってwikipediaあたりで調べてみたわけですよ。



そしたらね。



軍人だから、精悍で筋肉質の、いかにもマッチョな人が陸軍を率いていたと思うじゃないですか。



したら、全然違うわけですよ。


2・26事件の首謀者の一人
インパール作戦のときの参謀の一人
日中戦争の時の陸軍内の中国情勢の第一人者


むー。秋葉原あたりにたむろしているお前らとおんなじ姿じゃないですか。眼鏡だけが度が強く、肥満で、鈍そうな感じ。いわゆるヲタっぽい感じです。今日の選抜総選挙はどうでしたか!? こういう連中が、日本国内の物資不足の現状を横目に、侵略先の中国や東南アジアで物資を収奪しては、現地の女の子とあれやこれやしてたのでしょうか。ヲタが女の子と絡む姿ほど醜悪なものはないのですが。


学校秀才としてはありだけど、こんなのが軍を率いている時点でダメでしょ。


まあ、当時の大日本帝国発展途上国なので、こんなんでも勉強ができれば幹部にせざるを得なかったのかもしれないけどなんだかねぇ。



こういう連中に「死ね」って言われて万歳突撃していた当時の日本人の兵隊がかわいそすぎです。