技術流出を心配する前にやるべきこと

【主張】技術流出 官民で阻止する態勢作れ - MSN産経ニュースとかという記事を読んで笑っちゃったので。


だいたい、何人かの技術者を引き抜いて、週末に働かせれば技術が盗めるとか、そう簡単な話だったら、小規模の日本の同業者がトップ企業の技術者の二番手三番手を引き抜いて、いきなりメジャーになれてますって。技術者を引き抜いて、新たな技術を作り出せる優秀な技術者には以前在籍していた日本の会社とは比べ物にならない厚遇をして、そうでない技術者はあっさり首を切って、そしてそういった優れた技術者がクリエイトした技術を生産に結び付ける基盤があって、それで初めて「技術流出」が可能になるわけです。そういった態勢を作ることができた韓国の経営者の手腕こそが問題なのだと思います。なんだか秘密保持契約とかそういう小手先の芸で技術流出を防げると思っているのはお気楽すぎると思います。


実際、私の周囲でも韓国にスカウトされていった技術者の話を聞きますが、本当に優れた技術者が韓国に行くのは、元いた会社が、その技術者の分野を「選択と集中」とやらで切り捨てにかかったとかという事情があったりして、そうでない事情で行くのはやはり技術者としての社内の評価は二流三流で、でも最初はみな前の会社とは比較にならない高給を得て、それでやっぱり韓国の企業が大事にするのは本当に優れた技術者であって、そうでない人たちは2〜3年で首になって… ということらしいです。如実に、経営力の差が表れているように思います。本当に優れた技術者を手放したくないなら、優れた技術者の優れた面をきちんと見出して、そして他の凡百の技術者とはちゃんと差をつけた処遇をして、本人に「この会社でずっと仕事をしたい」と思わせるようなやる気が出る仕事を与えて、といった優れた経営が必要だと思うのです。


最近、ルネサスに最大5千人の追加削減要請 革新機構 - MSN産経ニュースというような記事もみますが、こういう感じでつぶれた会社が徐々に人的資源を切っていくのも考え物で、こういう下手な経営をしていると、優れた技術者から順番に市場に出て行ってしまうわけですね。そうならないように、会社丸ごと買い取って、ダメな技術者をどんどん切っていく、そういった経営技術がある会社が日本には少ないからこういった事態が発生し、きっとルネサスの優れた技術者の一定割合は、競合の海外企業にスカウトされていくわけでしょう。


優れた技術と優れた技術者が日本に残らない理由、それは、技術者の目利きをできない、あるいはしてもそれにふさわしい処遇をできない、ふさわしい仕事を与えられない経営の問題のように思います。そして、競合の韓国は、それができている。


日本が本当に技術流出を防ぎたいなら、経営者を鍛え、選抜するような社会制度を、国策として考えるべきだと思います。


まあ、それは既存の日本経団連とかの経営者にとっては好ましくない話なのでしょうから、経済産業省のように日本経団連と骨がらみの関係を結んでしまった官庁にはとても期待できない「国策」ですが。


(参照図書)

官僚たちの夏 [DVD]

官僚たちの夏 [DVD]